成年後見関係

成年後見(法定後見・任意後見等)関係

Home,業務案内

成年後見制度とは認知症・精神障害などの理由で判断能力の不十分な人を保護するため、行為能力(契約等の法律行為を為す能力)を制限するとともに、法律行為を代理したり、本人の為した不適切な法律行為を取り消したりして助ける人(後見人等)を選任する制度です。成年後見制度には裁判所の審判により後見人を選任する法定後見と判断能力が残っている時点で予め後見人と契約しておく任意後見があります。(法務省の説明ページ

行政書士など士業による後見人を特に職業後見人と呼びます。日本行政書士会連合会は平成22年8月に一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターを設立し、成年後見制度に精通した行政書士を養成する一方、無料相談会や市民向け公開講座を積極的に開催するなど、成年後見制度の正しい理解と普及を目的とする活動を行なっています。

この業務を得意とする会員をご紹介いたします(順不同・敬称略)。

碧南市
奥谷 弘和
山本 宣也
鳥居 秀男
高浜市
浅岡 洋隆
刈谷市
竹内 典代
内藤 祐滋
宮田 幸泰
小林 憲一
山口 保男
岡田 英紀
塚本 浩
知立市
川地 英明
松本 憲久
安城市
兵藤 吉則
甲原 公次
野村 素弘
佐野 佳見
杉浦 武雄
小野内 宣行
濱島 義規
石田 博幸
米谷 展生
日比野 裕之
竹内 由美
都築 眞一
森田 勝巳
Back to top