開発許可関係

開発許可関係

Home,業務案内

無料相談会の様子 開発行為とは、主として建築物の建築または特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更( 道路・水路等による区画の変更、または切土、盛土等による土地の形質の変更など)をいいます(都市計画法第4条第12項)。

都市計画区域・準都市計画区域において開発行為を行うには、都道府県知事の許可を受けなければなりません。市街化区域では、一定規模以上の開発行為に公共施設の設置を義務づけて開発を許可し、市街化調整区域では、原則として開発は認められませんが、一定の条件に当てはまるものについては開発が許可されます。

許可申請の際提出する書類は行政書士法第1条の2の「官公署に提出する書類」に該当しますので、行政書士はこの書類を作成する他(同法法第1条の2)、提出手続の代理や手続についての相談に応じることを業とすることができます(同法第1条の3)。

この業務を得意とする会員をご紹介いたします(順不同・敬称略)。

碧南市
中川 愛和
油谷 俊郎
杉浦 勇治
刈谷市
早川 孝昭
井野 克則
田嶋 哲也
内藤 祐滋
橋本 好司
内藤 遊水
西田 吉論
知立市
安城市
小木曽 昇
江坂 立美
神谷 文彦
梶 幸基
甲原 進
甲原 寛士
畔栁 登志雄
杉浦 武雄
田嶋 哲也
渡邊 満男
杉浦 逸哉
野村 素弘
増田 朗
都築 眞一
Back to top