公害法関係

公害法関係

Home,業務案内

公害法と呼ばれる法律には「大気汚染防止法、水質汚濁防止法、ダイオキシン類対策特別措置法、土壌汚染対策法、特定工場における公害防止組織の整備に関する法律等がありますが、いずれにおいても環境を害するおそれのある行為をするにあたって、法定の事項について届出が必要であり、変更事由があれば変更の届出が必要であると定められています。

この届出申請の際提出する書類行政書士法第1条の2の「官公署に提出する書類」に該当しますので、行政書士はこの書類を作成する他、提出手続の代理や手続についての相談に応じることを業とすることができます(同法第1条の3) 。

この業務を得意とする会員をご紹介いたします(順不同・敬称略)。

高浜市
森 健人
安城市
坂部 孝夫
Back to top