旅館営業許可関係

飲食店営業許可、旅館営業許可関係

Home,業務案内

ホテル・旅館・簡易宿泊所・下宿などの旅館業を営むためには、都道府県知事(保健所を設置する市または特別区にあっては市長または区長)の許可が必要です(旅館業法第3条)

この許可申請の際提出する書類は行政書士法第1条の2の「官公署に提出する書類」に該当しますので、行政書士はこの書類を作成する他(行政書士法第1条の2)、提出手続の代理や手続についての相談に応じることを業とすることができます(同法第1条の3) 。

Back to top