外国向け文書の認証関係

外国向け文書の認証

Home,業務案内,国際業務関係

婚姻等の身分行為、あるいは起業や取引など外国に向けて文書を提出しなければならない場合があります。しかし、外国では日本の文書の有効性がわかりませんので、認証の手続が必要となります。そのための手続きはどの国のどの機関に提出するか、何のために提出するかによって変わってきます。。これらの手続、またはその代行(私文書の場合は外国向け文書の作成から)を得意業務とする行政書士も存在します

この業務を得意とする会員をご紹介いたします(順不同・敬称略)。

刈谷市
小林憲一
Back to top