たばこ小売販売業許可関係

たばこ小売販売業許可関係

Home,業務案内

たばこを販売するためには、財務大臣の登録を受けなければなりません(たばこ事業法第11条)。具体的には財務局宛の申請書をJT(日本たばこ産業株式会社)に提出し、JTが現地調査して調査書を財務局に上げ、その内容を見て財務局長が許可か不許可か決定することになります。申請書類については財務局のウェブサイトから取得できます。

この許可申請の際提出する書類は行政書士法第1条の2の「官公署に提出する書類」に該当しますので、行政書士はこの書類を作成する他(行政書士法第1条の2)、提出手続の代理や手続についての相談に応じることを業とすることができます(同法第1条の3第4項) 。

Back to top